暗号通貨の企業向けに銀行サービスを提供しているSilvergateは、純利益の55%の減少と報告

暗号通貨の企業向けに銀行サービスを提供しているSilvergateは、純利益の55%の減少と報告
2020年2月4日 pluesjp
In テクノロジー

仮想通貨に特化した商業銀行である米シルバーゲートは、純利益の55%の減少と報告しましたが、2019年4Qには48もクライアントを増やしているそうです。Silvergateは2019年に、804のクリプト系企業にサービスを提供し、$24.8 millionドルの純利益を生み出しています。ちなみに2018年第4四半期の純利益は800万ドルでした。米シルバーゲート銀行は、昨年ニューヨーク証券取引所(NYSE)へ上場しており、時価総額は200億円ほどです。

純利益の面では、銀行は2019年第4四半期に360万ドルを稼ぎ出しましたが、第3四半期は670万ドルでした。水曜日に発表された財務結果によると、前年比では、純利益は55%減少しました。それでも第4四半期のSilvergateの1株当たり利益(EPS)の推定値は0.08ドルでしたが、銀行の実際の数字は0.19ドルでした。

CEOであるAlan Laneは、Silvergate Exchange Network(SEN)という自社開発の送金ネットワークのおかげとしています。このSilvergate Exchange Network(SEN)では、異なる取引所間で24時間365日、インスタントに送金が可能という特徴があり、Silvergateの支払いネットワークにおいて、14,400のトランザクションを処理しました。SENに加入している取引所の顧客は、米ドルをシルバーゲート銀行の口座から手数料なしで入出金できるようになる。2019年9月30日の時点で無利子預金は17億ドル(約1920億円)となっている。

仮想通貨取引所では、仮想通貨取引所が保有しているさまざまな仮想通貨を法定通貨で購入したり、反対に買い取ってもらったりでき、開設した口座を管理する機能、両替などが出来ますが、それぞれの取引所間でウォレットや処理を行わなければいけませんでした。それを、SENを介して異なる取引所間同士で取引がスムーズできるなどがあります。

金額ベースでは、Silvergate Exchange Network(SEN)は、第3四半期の104億ドルと比較して、第4四半期の96億ドルでより少ない転送を処理しました。

「ビットコインの価格は第4四半期に変動し、デジタル手数料収入と米ドルの量に影響を与えましたが、強力な顧客を持つSilvergate Exchange Network(SEN)の取引量の増加が、今後さらにSilvergate Exchange Network(SEN)の成長見通しにポジティブにしています。SENの製品提供を拡大して、デジタル通貨手数料収入の成長をさらに促進します。」

ウォールストリートの大手銀行に、暗号化通貨領域でチャレンジする度胸があるのはごく少数であり、大半は避けようとしている。これはちょうど小規模の銀行の進出に道を譲った。Silvergate、Cross River BankとMetropolitan Bankのような銀行は何れも顧客に高品質な暗号化通貨関連の銀行解決方案を提供している。

Silvergateは、クリプト企業に特化したビジネスを行っていてあまり話題にはのぼりませんが、暗号通貨の中で重要な機能を持つ企業の1つであり、この領域のシェアを占めています。先ほどの取引を行なっているクライアントには、暗号取引所Coinbase、ウィンクルボス兄弟が設立したGemini取引所、Krakenをクライアントとしており、今後さらに暗号通貨界隈における求心力は高まりそうです。

また同行は、今後、仮想通貨企業を対象とした金融サービスの市場規模が、300億(約3.3兆円)から400億ドル(約4.4兆円)にまで膨らむ可能性があると予測しており、さらなる成長を見込んでいる。

Crypto-friendly Silvergate Bank’s Q4 net income fell 55% year-over-year but it beat street estimates

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*