次のフロンティアは「No Code」ITの巨人達がノンコーディング市場を獲りに行く

次のフロンティアは「No Code」ITの巨人達がノンコーディング市場を獲りに行く
2020年4月6日 pluesjp
In テクノロジー

Google Cloudは最近、「低コード」および「コードレス」のソフトウェア市場領域に着目し、最大のプレーヤーの1つであるAppSheetを買収しました。これにより、非エンジニアの人々は専門のコーディングスキルなしでアプリを開発できます。
Microsoftの幹部はCNBCの取材に対し、ローコードが今後主要な収益源になると予想していると語ります。

ニューヨーク市ではノンコードで制作したアプリをリリース

コロナウイルスは、国家機関が迅速に対応していかなければいけない問題でしたが、ニューヨーク市では、ほんの数日でコンピューターコードを1行も書くことなく、COVID-19危機管理ソフトウェアプラットフォームを作成しました。時間が最も重要な今の時期、ノンコードで迅速に制作できるのは大変素晴らしい事です。

ニューヨーク市が作成したアプリは、ウイルス感染エリアをマッピングし、ホットスポットを特定し、住民を重要なサービスに接続できるオンラインポータルサービスです。これはコードなしでサービスを作れる「ノーコード」プラットフォームUnqorkで構築されました。 視覚的なドラッグアンドドロップツールを使用するだけで、市は72時間でサービスを開始できました。

「情報は力であり、我々は時間との戦いにある」とニューヨーク市情報技術通信局の委員、シティワイドCIOのジェシカ・ティッシュ氏は水曜日のリリースで述べた。 「コロナウイルスのパンデミックに対抗するには、より多くの医療機器と検査だけでなく、リアルタイムでより多くのデータも必要です。このプログラムが世界中の他の自治体のモデルになることを願っています。」

Unqorkで構築されたポータルは、他の都市、郡、州向けにカスタマイズでき、48〜72時間で稼働できます。

ローコードおよびコードなしと呼ばれるものは、テクノロジーとMicrosoftおよびAlphabetのGoogleを含むクラウドジャイアントの間の激しい競争領域になりつつあります。 各社はUnqorkへの投資に加えて、Google Cloudは、今年初めに最大のコードなしプレーヤーの1つであるAppSheetを買収しました。マイクロソフトはPowerAppsというツールを2018年ごろから提供しています。AmazonもAWS for everyoneという、ローコードでAWSを管理できるサービスを展開し始めています。

今後5年間で4億5000万の新しいアプリ

Unqorkの最高マーケティング責任者であるAlex Schmelkinは、これまで何年も費やしてきたアプリ開発が今では数ヶ月で構築できると語り、「コードなしで、少数の開発者がビジネスマンと集まり、最終的な作業用ソフトウェアを3か月で作成できます」と言っています。

約100人のコーダーを雇用しているUnqorkは、これまで主に金融サービスに焦点を合わせてきましたが、創設者兼CEOのGary Hobermanは、Unqorkの野望は政府やヘルスケア、不動産など、変化の遅い他のセクターにまで及んでおり、Microsoft Azure(アジュール)、Google Cloud、Amazon Web Servicesの3つの主要なクラウドプラットフォームすべてで連携・機能するようです。

マイクロソフトでは、今後5年間に作成されるアプリの数に関する単純な数字を見ると、ローコードおよびコードなしのソフトウェアがいかに重要になるかがわかります。マイクロソフトは、今後5年間で5億の新しいアプリが作成されると予測しています。これは、過去40年間に作成されたすべてのアプリよりも多いものです。

Oracle出身のGoogle Cloudのゼネラルマネージャー兼副社長であるAmit Zavery氏は、「ソフトウェアが存在する限り、アプリの構築をより簡単にする構想はずっと以前よりありましたが、コードなしで複数のプラットフォーム(Oracle、Salesforceなど)で横断的に実行できる環境づくりが必要。そして1つのベンダーに縛られるのではなく幅広く対応できる事で、それが価値の向上につながっています。と語ります。

ただし、複雑なアプリケーションを構築するコーダーやソフトウェアエンジニアがなくなることはありません。コードなしのプラットフォームが増えるほど、基盤となるテクノロジーを実行するスペシャリストへの需要が高まります。

「人々がAppSheetを使用してGoogle Cloudで構築する場合、ユーザーとデータの量は増え続けるので、インフラを拡張できるように実行し続けるためにより多くの技術者が必要です」とGoogle CloudのZavery氏は述べています。 「Uberアプリのような技術は、コードなしでは構築できません。」

勝者総取りのビジネス

これは勝者総取りのビジネス(winner takes all)の論理で各社攻勢をかけています。

間違いなく存在するローコード市場において、勝つのはMSか、グーグルか、アマゾンか、はたまた別の新興企業が攻めてくるか、注目して行く必要があります。

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*