バラク・オバマ 〜世界のリーダーシップは女性が握った方が良くなる〜

バラク・オバマ 〜世界のリーダーシップは女性が握った方が良くなる〜
2019年12月17日 PLUES
In ニュース, 政治

「もし女性が世界の各首脳のトップにつけば、世界はより平和的になるだろう」アメリカ前大統領のバラクオバマ氏は語っています。このコメントはマレーシアクアラルンプールで開催されたイベントでの一幕で、続けて、女性は完璧ではないが、男性よりは明らかに優れている、と話しています。

世界中の紛争や対立は老人でしかも男性の権力者によって引き起こされている

オバマ氏は、世界で起こっている紛争や戦争、貧困、対立は全て男性、しかも老人の身勝手な考えに振り回された結果発生していると話しており、なかなか刺激的な内容となっています。

・雇用
・原子力・核・放射能問題
・所得格差

オバマ前大統領は、オバマ財団という組織を作り、毎年米国を始め、世界の若い市民リーダー数百人が一堂に会し、21世紀の活動的な市民とはどうあるべきかなどについて意見交換を行い、共通課題に対する解決策を考えることなどを通じて、国を超えた若いリーダーの人的ネットワークを構築することを目的とするイベントなどを開催しています。

直接的な言及は避けていますが、世界で起こっている現象や、ギスギスした世の中について混沌としている印象を持っているようです。

参照:BBC

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*