香港の財務長官が香港で起こった市民の蜂起を「米国の陰謀」と標榜している

香港の財務長官が香港で起こった市民の蜂起を「米国の陰謀」と標榜している
2021年11月7日 PLUES
In ニュース, 政治

香港の財務長官ポール・チャン氏は、アメリカを非難することで、現在香港で実行されている市民への政治的締め付けを擁護し、正当化していると、香港フリープレスにて書かれています。

中国政府がリリースした今年9月24日のファクトシートと並行して、ポール・チャン氏は「香港のビジネス環境に関する報告書」を発表したが、そこには2019年の香港での抗議活動を幇助することで米国が香港問題に干渉しているという主張が長々と書かれていた、ということのようです。

香港市民への弾圧は、2020年6月30日に北京の中央政府が香港に合わせて作られた国家安全法を公布し、即日発効したことから始まっています。

報告書は3つの章で構成されています。

第1章では、”黒衣の暴力 “と “米国の中国抑圧戦略 “が、香港の経済やビジネス環境に大打撃を与えたという内容を語っています。

第2章では、国家安全法が、いかに効果的に香港の法と秩序を回復し、現地のビジネス環境を守っているかを説明しています。

第3章では、香港が新しく生まれ変わり、正しい道に戻って、豊かな未来への無限の展望を持っていることを語っています。

かなり厳しい状況であるようです。

今の香港はどんな状況?11/7時点

今の香港の状況についてです。香港にある日本の総領事館が発表している情報によると、

日本から香港へ入境できるのは、香港居民(香港IDまたは長期滞在査証を持つ)または、※ワクチン完全接種者である非香港居民(香港IDや長期滞在査証を持たない短期渡航者等)のみです。しかしマカオや中国からは特に制限なく渡航可能としています。香港の観光地の営業については、個別観光地により営業状況等が異なり,また状況に応じ変化しますとのこと。

暴力を否定し、平和を維持する?

まず暴力についての言及です。

香港市民によるレジストを引き起こしたのは、香港の立法会で引き渡し法案を強引に通過させようとした地元政府であったことを報告書では認めています。平和的な抗議活動が暴力的になったのは、法案が可決されることが明らかになった2019年6月中旬のことだったからです。

チャン氏は、国家安全法の可決時点では、すでに香港の経済は米中貿易摩擦や世界経済の減速の影響を受けていたと指摘します。そして、この法案への反発から、香港の治安状況は急激に悪化しました。

当初は白装束で参加していたデモ隊が、抵抗の色として黒に切り替えています。そのため、報告書では、2019年の最後の2四半期にそれぞれ3%以上の急激な経済収縮の原因となった「黒装束の暴力」と題して頻繁に言及しています。

失業率は2.8%から3.3%に上昇し、観光部門は大きな影響を受けたとしています。香港への訪問者数は、2019年の最終四半期に50%減少、小売売上高は24%減少しました。暴力のない日は1日もなかったのだから驚くことではない、と報告書は主張しています。
チャン氏の報告書では、中国政府が出したファクトシートと同様に、長期的かつ継続的な政治的原因(=香港の雨傘運動等の市民による民主化運動)を取り上げていません。

「妨害者」として報告されているレジスタンスについて、レジスタンスらは中国政府の連絡事務所や香港政府の建物を襲撃しようとし、立法会への侵入にも成功して破壊。警察本部ビルは包囲され、法廷も狙われ、香港の空港にも侵入し、業務を停止させたとされています。
報告書では、警察の資料から具体的な内容を紹介している。1万個以上のガソリン爆弾と、大量の各種爆発物が市民から押収され、歩道のレンガは推定2万2,000平方メートルが破られ、投擲物として使用されたようです。60キロメートルに及ぶ道路の手すりが解体され、740個の信号機が破損し、香港の93のMTR駅の90%が何らかの形で破壊されたようです。
死者は2,800人を超え、600人の警察官が負傷したということです。

当然、地元のビジネス界は打撃を受け、海外の商工会議所も経済の先行きに悲観的になり、香港の国際的な信用格付けも引き下げられました。

アメリカが犯した罪

報告書の第1章 3節では、「アメリカの中国抑圧戦略は、香港に深刻な混乱をもたらした」と主張しています。

チャン氏は、世界の経済の重心が西から東(米欧からアジア?へ)に移動するという、100年に一度の変革が進行しており、中国と他国との貿易関係が深まり、米国は中国の台頭に不安を感じている状況であった結果、米国は香港を “中国の発展を抑えるための駒”として利用するに至った。それは、「香港のビジネス環境に影を落とす」ような措置をとることで中国のビジネスの台頭を抑えるということになると。

ううんどうでしょう。。

米国政府と議会は、人権と自由を口実に、香港の経済発展を抑制することを目的として、香港の自治侵害に関して制裁を科す「香港自治法案」を制定。政府関係者への制裁や香港の特別貿易資格の取り消しなどの行為は、他国の問題に干渉しないという国際関係の基本的な規範に違反しているとチャン氏は主張しています。

また、チャン氏は偽善と評して、米国の政治家の中に香港での抵抗運動を「美化」した人もいたとして、そのような美化して市民側についた外国や外部の要素に支えられ、後押しされた香港の抗議者たちは、香港の「独立」や「自決」を唱えさえしたとしています。

しかし、市民は中央政府や香港政府への憎しみを募らせていたのだから、こうした主張を支持することは、ひいては彼ら(香港市民)を象徴する政治的権威を破壊することにつながると指摘。

特に、新国家安全保障法が導入されて以来、米国政府と米国議会は中傷キャンペーンを展開し、特に新国家安全保障法が導入されて以来、米国政府と議会は、新国家安全保障法が、1997年に香港が中国の支配下に戻った際に結ばれた正式な協定に違反する形で使用されていると主張しているとチャン氏は発表。

1984年の中英共同宣言と香港基本法は、1997年以降の香港の統治文書として北京が起草し、公布したものであるとし、この基本法には、自治権や普通選挙など、アメリカ政府などが「侵害されている」と言っている権利や自由に関する約束がすべて含まれています。

しかし、チャン氏の報告書では、中国政府は香港の基本法と、その中で謳われている「一国二制度」という統治原則を守っており、中央政府は「香港を完全に保護している」と主張。チャン氏は、香港の特別な分離貿易の地位を取り消すという行為自体、当初の約束を反故にしているのは米国であると主張しています。

中国側は、アメリカが主張する「香港の人々と共にある」という言葉は、実際には「暴徒や地元のテロリストと共にある」ことを意味し、米国は、「思想において国際的な独裁者となり、純粋に世界の民主主義と平和に対する最大の脅威となっている」と指摘しています。

輝かしい未来に向けて?

報告書では、国家安全保障法により、香港は法と秩序と安定を取り戻し、世界で最も安全な都市の一つとして本来の姿を取り戻したとされています。 法律導入後に再設計された選挙制度は、適切な種類の人々を責任者にすることで、統治の有効性を高め、経済活性化のために必要なコロナ対策も、しっかり対応しているとしています。

財務長官の目から見ても、香港の金融市場、純資本流入、銀行預金総額など、すべてが正しい方向に向かっており、経済が軌道に乗っているということであり、国際機関や経済界は好意的な反応を示していると指摘。

香港に拠点を置く海外の商工会議所や地元の商工会議所は自信を見せており、金融セクターは国内と本土の両方で拡大を続け、香港の成長の機会は無限にあるとしています。

そして外国からの制裁に対抗する中国の「反外国制裁法」を香港にも適用するという採決についても、中国本土ではすでに施行されているこの法律は、2021年の夏には必須と宣伝されていましたが、経済界には不安が広がったことから採決は見送りとなっています。

反外国制裁法は、外国が国際法および国際関係の基本的な規範に違反し、さまざまな口実もしくはその国の法律に基づき、中国に対して抑止・抑圧をし、中国公民および組織に差別的な制限措置を講じ、中国の内政に干渉する場合」について、中国は相応の対抗措置を取る権利を有すると定めたもので、諸外国で中国を批判したり中国政府に対して文句等の発言や行為を行なった場合、具体的な対抗措置の内容として、上記の対象主体に対して「ビザの発給拒否、入国拒否、ビザの取り消しもしくは国外追放」や「中国内の動産、不動産およびその他各種の財産の差し押さえ、押収、凍結」などの措置を規定していたものです。

このような挙国一致とも見られる政策の徹底した実現を目する本法の制定において、中国の強い国家意思が働いていることが看取されます。今後、報復措置の適用の対象とされる外国の組織や個人、そして、その関係者にとって、本法が非常な脅威となることは明らかですが、それとともに、報復措置の実施を義務付けられる中国国内の組織及び個人にとっても、相当に難渋な試練を課されていると考えられます。本法の施行によってもたらされる社会的効果の特徴として看過できない点は、まさに、そこにあるように思われます。

しかし、チャン氏自身は、「心配はいらない。この新法の成立は急がない。香港政府は、外国の制裁に対抗するための新法を進めるための明確なスケジュールを持っていなかった。」としています。

つまり、香港における中国支配を完全勝利を宣言する時期はまだ来ていないのである。しかし締め付けはまだまだ続くのです。そして、チャンはアメリカへの非難を一度も撤回しませんでした。

参照:https://hongkongfp.com/2021/11/07/how-hong-kongs-finance-chief-joined-the-chorus-on-painting-the-2019-uprising-as-a-us-plot/

Comments (0)

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*